正しい洗顔の注意点

正しい洗顔をすることは大事ですが、いつもこの洗顔をしていれば良いとうわけではありません。

人によって肌質が違いますし、毎日の生活や食事などで肌の状態は常に変化しています。

チェック夏や冬などでも肌の状態は違いますし、TゾーンやUゾーン、小鼻やおでこなどなど部位によっても状態は変わってきており、「皮脂の量」「潤い具合」をチェックするのが大事です。

毎朝、鏡で肌の状態をチェックする習慣をつけるのが美肌になるには大事ですね。

脂分が多かったらしっかり洗顔、肌が乾燥してカサカサだったら軽めの洗顔をするなど、その日の状態に応じた洗顔やスキンケアをしていきましょう。

さらに、にきびやシミ、シワ、乾燥肌、敏感肌などお悩み別でも洗顔方法は変わってきますので、注意しましょう。


お悩み別洗顔方法

正しい洗顔ステップ5 洗顔後には・・・

洗顔後の肌は角質層の皮脂や天延保湿因子が流されている状態なので、きわめてデリケートとなっています。
この段階でのお手入れも非常に重要ですね。

タオルふき取りまず、洗顔の後には柔らかい清潔なタオルで肌を抑えながら水分を吸い取り、ゴシゴシ拭くのはNGで、こすらないように優しく拭き取っていきましょう。

タオルで拭くというより、軽く抑えて水分を吸い取るイメージでやっていけばいいと思います。

このタオルですが、肌に優しく、水を良く吸い取る綿100%のものがベストで、顔専用の柔らかいタオルを使うといいでしょうね。


洗顔後は、保湿もお忘れなく


十分に潤いを補給することで、毛穴が引き締まり、肌にツヤが出てますし、保湿はほとんどの肌トラブルを解決することが出来るとも言われていますし、美肌になるのに最重要ポイントです。

保湿洗顔後は水分が逃げて生きますので、化粧水を使って軽く叩くように肌になじませて肌にうるおいを与えて保湿をしましょう。
して、最後にクリームなど使って保湿力をキープするようにしていきましょう。

クリームを使いたくない人は、乳液を使うなどして保湿の締めをしっかりしましょう。

正しい洗顔ステップ4「洗い流し」

洗顔で洗うのが終わったら、洗い流しましょう。

洗顔料が残らないように、ぬるま湯で肌をこすらないようにしながら洗い流しますが、洗面器ではなく流水で洗い流した方が良いですね。

洗い流し髪の毛の生え際や眉間・小鼻・耳の後ろ・あご周りなどはすすぎ残しが多く、にきびの原因にもなりますので、すすぎ残しがないように、鏡でチェックしながら、こすらずにやさしく洗っていき、十分にすすぎます。

洗顔料のすすぎ残しはニキビなど肌トラブルの原因になってしまうので、泡が消えるまで繰り返して洗っていくように気をつけましょう。

よくすすぐことでキメ、毛穴などの症状がよくなり美肌になったという話もきくので、やさしくよくすすいでいきましょう。

すすぎが終わったら水で、毛穴を引き締めて洗顔は終了です。

正しい洗顔ステップ3「洗い」

正しいを洗顔する時に、洗う時には、顔に泡をのせて肌の中心から外側に向けて、円を描くように洗っていきましょう。

力を入れすぎないように、丁寧に目の周りや唇、髪の毛の生え際まで忘れずに優しく洗っていきます。

洗い優しく洗顔する時には、泡で顔をマッサージするような感覚で洗顔していくのがポイントで、長く泡をつけすぎないように、10秒以内くらいで洗っていきましょう。

絶対にこすらずに、泡をクッションのようにして撫でるように洗いましょう。

泡はモコモコに泡立てられた泡で、直接肌に手が触れないくらいの弾力が目安です。

こすって洗うと肌への刺激になり、色素沈着の原因にもなりますので絶対やめましょう。泡に汚れが吸着しますので、こすらなくても十分に汚れは取れますよ。

洗い額油がたまりやすい眉間や鼻の頭などTゾーンは皮脂の分泌が多く、泡は額〜鼻スジ〜あごのTゾーンから広げていくと効果的に洗顔でいます。

最初にTゾーンから、泡をつけて脂が浮き出してから洗うと綺麗に洗顔が出来ます。

決して肌をこすらずに、泡を肌の上で転がす感じで優しく柔らかく、なでるように洗っていきましょう。

正しい洗顔ステップ2「泡立て」

洗顔をする時には、泡だてというのも重要です。

洗顔は泡のクッションで洗いますので、手のひらで泡立てているだけではクッションが足りませんし、無駄にゴシゴシと肌をこすらないようにしましょう。

泡立てさて、泡立ては、洗顔料を手にとって泡がモコモコになるまで泡立てをしていきましょう。

手の平を丸くしてぬるま湯をすこしずつ足しながら、空気お含ませるように泡立てるといいですね。

大きな泡が立つまで手の平でころがして、きめ細かく弾力のある白い泡になるまで丁寧に泡立てしていきます。

洗顔料の泡がきめ細かいほど、肌のすみずみまで洗うことができ、毛穴まで汚れを落とすことができます。

どんな洗顔料でも泡立てをしないと汚れを落とす能力も半減してしまいます。

泡立てで肌に泡立てがきちんと出来ているかどうかは、肌に乗せた時に指と肌の間に泡がきちんと感じられるかどうかが目安になります。

指先が直接肌に当たるようではまだまだなので、泡立てをしましょう。

手の平に綺麗な泡を立てるのは時間とコツが必要なので、泡立てグッズを利用するのも便利でいいですね。

泡立てるコツは、空気を沢山含ませることで、泡立てグッズなど使うと十分に空気を含んだ泡を作ることができ、弾力のある泡で洗顔をすることができますね。

正しい洗顔ステップ1「すすぎ」

洗顔をするにはまず、顔をすすぐことが大事です。

すすぎまず、ぬるま湯で4〜5回素洗いをして、毛穴を開かせてよごれを落としやすくしておきましょう。

お湯につけて軽く搾ったタオルを数分間顔に当てておくのも良いかもしれません。

この時のお湯の温度ですが、34度程度が一番効果的で、34度よりも高温度ですすぐと肌から皮脂が流れ出して、乾燥肌や肌のつっぱりの原因にもなりかねないので注意しましょう。

また、冷たすぎる場合にも注意が必要で、冷たい水で洗うと、角質層に余計な刺激を与えることになり、繰り返して洗顔をして刺激を与えると肌の老化、シミやシワの原因になるので注意が必要ですね。

このように、洗顔ですすぎの場合は、冷たい水ではなく、ぬるま湯で肌に刺激が少ないようにして、人肌程度のぬるまゆで洗顔しましょう。

ぬるま湯で肌の汚れを落とすだけでも、毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂を浮き上がらせることができ、洗顔をより効果的にすることができ洗顔料での汚れを落とす力がアップしますよ。

さらに、洗顔後につける化粧水や美容液を浸透させやすくすることもでき美肌になれます。

正しい洗顔方法はどうすれば?

正しい洗顔を知らないで、間違った洗顔方法をしていると、様々な肌トラブルが起こる可能性が高くなり、美肌にはなれませんね。

正しい洗顔をしないと例えば、洗顔のしすぎで、肌に必要な潤いまで奪ってしまうと、奪われた分の皮脂を沢山だそうとして、毛穴が目立つような脂性肌になってしまい、毛穴が盛り上がって毛穴が目立つようになって今います。

また、洗顔のしすぎは、ニキビの原因にもなり、洗顔をしすぎると肌のバリア機能がダメージを受け、水分が逃げてしまい角質の生まれ変わる新陳代謝が遅くなって、古い角質がたまり、毛穴に古い角質がつまり、皮脂の出口がふさがれてにきびができやすくなってしまうのですね。

さらに、間違った洗顔はシミやくすみの原因にもなり、洗顔をしすぎると肌のバリア機能にダメージを受け、肌がカサついて、刺激を受けた肌は自己防衛機能でメラニン色素が作られてしまい、結果的に、シミやくすみが出やすくなってしまうのです。

手を洗う正しい洗顔方法はどうやってやればいいでしょうか。
まずは、正しい洗顔をするために、洗顔の前に手を洗いましょうね。

顔を洗うのにも、手が汚れていてはキレイにすることはでいませんし、クレンジングや洗顔の前にも手洗いをして、手についている雑菌が顔に移ってしまわないようにしましょう。

また、手が汚れていると泡立ちが落ちますし、手の油分や汚れが泡立ちの妨げにもなりますので、手を綺麗にしてから洗顔をしましょう。

ヘアバンドあとは、髪が顔にかからないようにヘアバンド、ヘアキャップなどで髪をアップして洗顔を始めていくと良いですね。

髪の生え際などに洗い残しがあるとニキビの原因となりますし、髪の生え際や耳周辺など洗い残さないようにしっかり露出させるように、気をつけましょう。

それでは、まずは、一般的な洗顔方法について、見ていきましょう。

正しい洗顔方法とは?

毎日の洗顔はどのようにしてるでしょうか?

洗顔をする時には、正しい洗顔をすることが大事で、美肌につながり、乾燥肌や敏感肌、毛穴に黒ずみ、にきびなどそれぞれで正しい洗顔方法を知って、自分の洗顔方法を見直してみましょう。

正しい洗顔は、古い角質を落としてくれ、肌の生まれ変わるサイクルを整えるためにも大切なことです。

正しい洗顔正しい洗顔方法をすることは、スキンケアにとって大事なことで、キメが整った赤ちゃんのような肌えお目指すためにも毎日のスキンケアが必要で、保湿と同じように洗顔をすることは、スキンケアにとって大事なことです。

固形石鹸や洗顔フォームなど使っていない人などいないとは思いますが、肌の汚れを落として、キレイな肌になるために洗顔方法を間違うと、かえって肌を傷つけ、肌の老化を早めてしまうことにもなりかねません。

ただ単純に一日の汚れを徹底的に落とすということでは、肌を傷つけ老化を早めることになりかねませんし、肌に必要な潤い成分やバリア機能まで洗い流している可能性だってあります。

正しい洗顔をしよう一日に何度も洗顔したり一回の洗顔に多くの時間をかけるのも逆効果ですし、わざわざ刺激に弱い肌にしてしまわないようにしましょう。

洗顔方法を間違えれば、その後のお手入れも効果がなくなってしまいますし、ファンデーションや化粧ののりにだって影響してきます。

美しく健康な肌を保つように、極力肌に負担をかけないようにして、汚れを落とす必要があるのですね。

洗顔方法について、何が正しくて何が間違っているのか、今の洗顔方法が正しいのかなど、今一度確認してみてはいかがでしょうか。

毎日、正しい洗顔を自宅で手軽にして、美肌美人になりましょう。