石鹸による洗顔

石鹸のよる洗顔では、洗顔の前にまず、髪をまとめて額を出すようにして、髪の生え際まで洗えるようにしましょう。

石鹸そして、綺麗に手を洗った後で石鹸を両手で包み込んで、手の中で回転させながら少しずつ水をプラスして泡立てていき、泡が壊れないようにして空気を含ませながら優しく泡立てて、手の平いっぱいに軽くツノがたつくらいの泡になるようにしましょう。
できた泡は、はじめに額にのせていきます。

額は皮脂分泌が多い部分なので新鮮で洗浄力の高い泡をのせることが頑固な皮脂を落とせるのですね。

石鹸の洗顔次に、石鹸の泡で頬を洗っていき、額の中心から外側に下から円を描くように指を動かしていき、泡を壊さないように力も入れすぎに注意して洗っていきましょう。

額や頬など面積の広い部分を洗ったら小鼻など細かい部分も皮脂を書き出すように中指で優しくなでていって、洗い残しが多いフェイスラインも忘れうにして、髪の生え際もしっかりと洗いましょう。

脂性肌や毛穴が開いてる肌のときは、特に念入りに洗顔していきましょう。

石鹸で洗顔をして顔を洗い終わったら、水やぬるま湯ですすいでいきましょう。

泡がなくなったなと思ってからさらに10回すすぐとさらに良いと思います。

熱湯は乾燥肌の原因ともなりますからやめ、洗顔後は乾燥を防ぐために肌質に合ったスキンケアをしていくことが大事ですので注意しましょう。