正しい洗顔ステップ2「泡立て」

洗顔をする時には、泡だてというのも重要です。

洗顔は泡のクッションで洗いますので、手のひらで泡立てているだけではクッションが足りませんし、無駄にゴシゴシと肌をこすらないようにしましょう。

泡立てさて、泡立ては、洗顔料を手にとって泡がモコモコになるまで泡立てをしていきましょう。

手の平を丸くしてぬるま湯をすこしずつ足しながら、空気お含ませるように泡立てるといいですね。

大きな泡が立つまで手の平でころがして、きめ細かく弾力のある白い泡になるまで丁寧に泡立てしていきます。

洗顔料の泡がきめ細かいほど、肌のすみずみまで洗うことができ、毛穴まで汚れを落とすことができます。

どんな洗顔料でも泡立てをしないと汚れを落とす能力も半減してしまいます。

泡立てで肌に泡立てがきちんと出来ているかどうかは、肌に乗せた時に指と肌の間に泡がきちんと感じられるかどうかが目安になります。

指先が直接肌に当たるようではまだまだなので、泡立てをしましょう。

手の平に綺麗な泡を立てるのは時間とコツが必要なので、泡立てグッズを利用するのも便利でいいですね。

泡立てるコツは、空気を沢山含ませることで、泡立てグッズなど使うと十分に空気を含んだ泡を作ることができ、弾力のある泡で洗顔をすることができますね。