正しい洗顔方法はどうすれば?

正しい洗顔を知らないで、間違った洗顔方法をしていると、様々な肌トラブルが起こる可能性が高くなり、美肌にはなれませんね。

正しい洗顔をしないと例えば、洗顔のしすぎで、肌に必要な潤いまで奪ってしまうと、奪われた分の皮脂を沢山だそうとして、毛穴が目立つような脂性肌になってしまい、毛穴が盛り上がって毛穴が目立つようになって今います。

また、洗顔のしすぎは、ニキビの原因にもなり、洗顔をしすぎると肌のバリア機能がダメージを受け、水分が逃げてしまい角質の生まれ変わる新陳代謝が遅くなって、古い角質がたまり、毛穴に古い角質がつまり、皮脂の出口がふさがれてにきびができやすくなってしまうのですね。

さらに、間違った洗顔はシミやくすみの原因にもなり、洗顔をしすぎると肌のバリア機能にダメージを受け、肌がカサついて、刺激を受けた肌は自己防衛機能でメラニン色素が作られてしまい、結果的に、シミやくすみが出やすくなってしまうのです。

手を洗う正しい洗顔方法はどうやってやればいいでしょうか。
まずは、正しい洗顔をするために、洗顔の前に手を洗いましょうね。

顔を洗うのにも、手が汚れていてはキレイにすることはでいませんし、クレンジングや洗顔の前にも手洗いをして、手についている雑菌が顔に移ってしまわないようにしましょう。

また、手が汚れていると泡立ちが落ちますし、手の油分や汚れが泡立ちの妨げにもなりますので、手を綺麗にしてから洗顔をしましょう。

ヘアバンドあとは、髪が顔にかからないようにヘアバンド、ヘアキャップなどで髪をアップして洗顔を始めていくと良いですね。

髪の生え際などに洗い残しがあるとニキビの原因となりますし、髪の生え際や耳周辺など洗い残さないようにしっかり露出させるように、気をつけましょう。

それでは、まずは、一般的な洗顔方法について、見ていきましょう。