ベビーパウダーで洗顔をしよう

ベビーパウダーの洗顔はスクラブ効果があり、摩擦で毛穴の汚れが取れるということで人気で、ベビーパウダーを使った洗顔方法もあります。

ベビーパウダーの洗顔方法としては、まずは使いやすいように小さめのボトルなどの容器にベビーパウダーを入れておきます。

ベビーパウダー洗顔そして、普通のあなたがお使いの洗顔料と手のひらのくぼみぐらいの量のベビーパウダーを取って、その手でいつものように洗顔料や石鹸と混ぜて、泡立てネットあどでモミモミして泡立てをして、ベビーパウダーinの泡で洗顔していきます。

そうして、ベビーパウダーを使った洗顔で、表皮の汚れが取れたようなスッキリした洗い上がりで毛穴の汚れも取れるようになるでしょう。

この洗顔方法は、脂性肌など顔・毛穴の汚れが取れにくい人などに向いているでしょうね。
逆に、乾燥肌や敏感肌の人は、気になった時だけするようにするといいでしょう。

ベビーパウダーでパックをするというのも効果があるみたいですね。

ベビーパウダーでパックするとニキビのある人などに効果的なようです。

石鹸による洗顔

石鹸のよる洗顔では、洗顔の前にまず、髪をまとめて額を出すようにして、髪の生え際まで洗えるようにしましょう。

石鹸そして、綺麗に手を洗った後で石鹸を両手で包み込んで、手の中で回転させながら少しずつ水をプラスして泡立てていき、泡が壊れないようにして空気を含ませながら優しく泡立てて、手の平いっぱいに軽くツノがたつくらいの泡になるようにしましょう。
できた泡は、はじめに額にのせていきます。

額は皮脂分泌が多い部分なので新鮮で洗浄力の高い泡をのせることが頑固な皮脂を落とせるのですね。

石鹸の洗顔次に、石鹸の泡で頬を洗っていき、額の中心から外側に下から円を描くように指を動かしていき、泡を壊さないように力も入れすぎに注意して洗っていきましょう。

額や頬など面積の広い部分を洗ったら小鼻など細かい部分も皮脂を書き出すように中指で優しくなでていって、洗い残しが多いフェイスラインも忘れうにして、髪の生え際もしっかりと洗いましょう。

脂性肌や毛穴が開いてる肌のときは、特に念入りに洗顔していきましょう。

石鹸で洗顔をして顔を洗い終わったら、水やぬるま湯ですすいでいきましょう。

泡がなくなったなと思ってからさらに10回すすぐとさらに良いと思います。

熱湯は乾燥肌の原因ともなりますからやめ、洗顔後は乾燥を防ぐために肌質に合ったスキンケアをしていくことが大事ですので注意しましょう。

クレンジングによる洗顔方法

クレンジングによる洗顔方法は、まず、顔や手をぬらさずに適量のクレンジング剤を手にとって、それを額・両頬・あごの4箇所にのせて、お顔全体に伸ばして軽くマッサージするようになじませていきます。

クレンジング洗顔この時、ジェルに体温が伝わるようにすると、さらにマッサージ・パック効果がアップするのでやってみましょう。そして、皮脂分泌のおい額からクレンジングを開始していき、額の中心から外側に向かってわせんを描くようにして指をすべらせていきます。

次に、面積の広い頬になじませて、指の腹を使って優しくマッサージし、汚れを浮かします。

毛穴の汚れが目立つ小鼻は汚れが溜まりやすい場所ですし、凹凸のある部位なので、指先を動かしてしっかりと汚れを取っていきましょう。

皮膚が薄くて敏感な目元は、クレンジングを優しく指先をすべらすようにして皮膚をひっぱらないようにしましょう。

皮膚を引っ張るとシワの元になってしまうので、注意が必要です。

フェイスラインについては、あごの裏はニキビができやすいので注意が必要で、あごを上げてしっかりなじませていきましょう。

このようにして、クレンジングによる洗顔方法があり、洗顔が終わったら最後に水やぬるま湯でクレンジングをすすぎます。

洗顔髪の生え際なども忘れずに洗い落として、洗顔後には、乾燥を防ぐために肌質にあったスキンケアをして行く事が大事です。
熱湯で洗顔をすると乾燥肌の原因になるので止めておきましょう。

クレンジングは、脂性肌の人は2度洗いをしておくといいかもしれません。
このように、クレンジングによる美肌になる洗顔ができます。

スキンケアについては低刺激な天然ゲル化粧品がおすすめですね。

洗顔料により洗顔方法も色々あり

洗顔料は色々なものがありますし、洗顔料により効果や効能なども様々なものがあり、美肌になる洗顔方法も色々と変わってきます。

洗顔料も色々なものが販売されたりしていますし、それ以外に使えるものもありますし、自分に合った、どうしたいかなどの目的や肌トラブルなど悩みなどにより使う洗顔料も変わってくるでしょう。
自分の肌にあってるかどうかも試してみないとわからないですが、自分に合った洗顔料を見つけるのも大変ですね。

洗顔方法も洗顔料も色々なものがあり、クレンジングジェルや石鹸もありますし、ベビーパウダーや重曹、酵素や塩、オリーブオイルや米ぬか、卵白、米のとぎ汁などでも洗顔をすることができ、効果や効能もあり、様々な洗顔料での洗顔方法があります。

それぞれの洗顔方法で、効果や効能など良いところもあり、方法もありますし、肌にどうしたら良いのか、肌のために良いのか、注意点など見ていくと役立つこともあるかと思います。

洗顔料によって、しっとりと洗い上げるものやさっぱりと洗えるもの、敏感肌や乾燥肌、にきび、シミやシワの肌トラブル、美白や美肌になりたいなどなどあなたの悩みや希望によって、あってるものもあるでしょうし、あなたに必要な洗顔料での洗顔方法もあり、色々と紹介していきます。

日中・昼や夜の洗顔は?

日中・昼の洗顔

日中や昼間に、汗をかいたときなど、洗顔が必要な時などもありますね。

昼の洗顔1日に何回も洗顔するのは洗いすぎで乾燥やシワの原因となり、あまりよくないのですが、1日トータルの洗顔回数は2〜3回くらいであれば、洗いすぎではないので、日中や昼間に洗顔しても問題ないでしょう。

昼間や日中の洗顔については、肌への刺激を抑えるためにも、水やぬるま湯などで素洗いする程度でよいと思います。
洗顔料を使う時なども、朝用の洗顔料や石鹸を使っていきましょう。

朝や夜にしっかりとした洗顔はするようにするといいですね。


夜の洗顔

夜の洗顔については、美肌にとって重要で、化粧されてる人はメイク落としをまずしなければなりませんが、なるべく、クレンジングやダブル洗顔は避けるようにしましょう。

ダブル洗顔は、クレンジング剤でメークを落とした後に、石鹸や洗顔料などでもう一度洗顔をすることがです。

拭き取るタイプのメイク落としもありますが、夜にダブル洗顔をすることは、肌への負担を考えるとおすすめできません。

疲れた時など、補助的に利用するのはありだと思いますし、化粧をしたまま寝てしまうよりはマシですからね。

夜の洗顔夜の洗顔については、入浴中など汗をかいたときなど皮脂腺が多く分泌された時などに、保湿成分の多い石鹸などでよく泡立てて、浮き出た汗や油分と一緒に洗い流せば肌への右端が少なく洗顔がでいるのですすめですね。

朝の洗顔方法とは?

朝の洗顔は、眠っている間に、分泌された皮脂や汚れを落とし美肌になるため必要です。

朝の洗顔皮脂などの油分は、お肌を乾燥から守ってくれるなど重要な役割がありますが、空気中の汚れも付きやすく、長くほっておくとニキビなど肌トラブルの原因になりかねません。
肌を清潔な状態に保つために朝の洗顔を絶対に必要です。

朝の洗顔では、洗顔ソープを使った方がいいのか、水洗いの方がいいのかという疑問がわきますね。

朝の場合は、乾燥肌の人は水洗いだけの方がいいかもしれませんし、柔らかいオーガニック素材のタオルだけで洗顔するのもオススメですね。

最初に手で顔を素洗いをした後に、タオルをぬるま湯でぬらして、顔に軽くすべらえるように全体的に繰り返して洗っていくといいですね。

逆に脂っぽい脂性肌の人はその部分だけ洗顔料を使う部分洗いがいいでしょうね。

夏場の朝の洗顔の場合は、汗でベタベタしますし、洗顔料を使ってスッキリしたほうが気分も良いでしょうし、皮脂を落としすぎないタイプの洗顔料を使うと良いですね。

皮脂の汚れ程度なら洗顔料を使わなくとも落ちますので、水洗いでいいでしょう。

正しい洗顔の注意点

正しい洗顔をすることは大事ですが、いつもこの洗顔をしていれば良いとうわけではありません。

人によって肌質が違いますし、毎日の生活や食事などで肌の状態は常に変化しています。

チェック夏や冬などでも肌の状態は違いますし、TゾーンやUゾーン、小鼻やおでこなどなど部位によっても状態は変わってきており、「皮脂の量」「潤い具合」をチェックするのが大事です。

毎朝、鏡で肌の状態をチェックする習慣をつけるのが美肌になるには大事ですね。

脂分が多かったらしっかり洗顔、肌が乾燥してカサカサだったら軽めの洗顔をするなど、その日の状態に応じた洗顔やスキンケアをしていきましょう。

さらに、にきびやシミ、シワ、乾燥肌、敏感肌などお悩み別でも洗顔方法は変わってきますので、注意しましょう。


お悩み別洗顔方法

正しい洗顔ステップ5 洗顔後には・・・

洗顔後の肌は角質層の皮脂や天延保湿因子が流されている状態なので、きわめてデリケートとなっています。
この段階でのお手入れも非常に重要ですね。

タオルふき取りまず、洗顔の後には柔らかい清潔なタオルで肌を抑えながら水分を吸い取り、ゴシゴシ拭くのはNGで、こすらないように優しく拭き取っていきましょう。

タオルで拭くというより、軽く抑えて水分を吸い取るイメージでやっていけばいいと思います。

このタオルですが、肌に優しく、水を良く吸い取る綿100%のものがベストで、顔専用の柔らかいタオルを使うといいでしょうね。


洗顔後は、保湿もお忘れなく


十分に潤いを補給することで、毛穴が引き締まり、肌にツヤが出てますし、保湿はほとんどの肌トラブルを解決することが出来るとも言われていますし、美肌になるのに最重要ポイントです。

保湿洗顔後は水分が逃げて生きますので、化粧水を使って軽く叩くように肌になじませて肌にうるおいを与えて保湿をしましょう。
して、最後にクリームなど使って保湿力をキープするようにしていきましょう。

クリームを使いたくない人は、乳液を使うなどして保湿の締めをしっかりしましょう。

正しい洗顔ステップ4「洗い流し」

洗顔で洗うのが終わったら、洗い流しましょう。

洗顔料が残らないように、ぬるま湯で肌をこすらないようにしながら洗い流しますが、洗面器ではなく流水で洗い流した方が良いですね。

洗い流し髪の毛の生え際や眉間・小鼻・耳の後ろ・あご周りなどはすすぎ残しが多く、にきびの原因にもなりますので、すすぎ残しがないように、鏡でチェックしながら、こすらずにやさしく洗っていき、十分にすすぎます。

洗顔料のすすぎ残しはニキビなど肌トラブルの原因になってしまうので、泡が消えるまで繰り返して洗っていくように気をつけましょう。

よくすすぐことでキメ、毛穴などの症状がよくなり美肌になったという話もきくので、やさしくよくすすいでいきましょう。

すすぎが終わったら水で、毛穴を引き締めて洗顔は終了です。

正しい洗顔ステップ3「洗い」

正しいを洗顔する時に、洗う時には、顔に泡をのせて肌の中心から外側に向けて、円を描くように洗っていきましょう。

力を入れすぎないように、丁寧に目の周りや唇、髪の毛の生え際まで忘れずに優しく洗っていきます。

洗い優しく洗顔する時には、泡で顔をマッサージするような感覚で洗顔していくのがポイントで、長く泡をつけすぎないように、10秒以内くらいで洗っていきましょう。

絶対にこすらずに、泡をクッションのようにして撫でるように洗いましょう。

泡はモコモコに泡立てられた泡で、直接肌に手が触れないくらいの弾力が目安です。

こすって洗うと肌への刺激になり、色素沈着の原因にもなりますので絶対やめましょう。泡に汚れが吸着しますので、こすらなくても十分に汚れは取れますよ。

洗い額油がたまりやすい眉間や鼻の頭などTゾーンは皮脂の分泌が多く、泡は額〜鼻スジ〜あごのTゾーンから広げていくと効果的に洗顔でいます。

最初にTゾーンから、泡をつけて脂が浮き出してから洗うと綺麗に洗顔が出来ます。

決して肌をこすらずに、泡を肌の上で転がす感じで優しく柔らかく、なでるように洗っていきましょう。